スーツ シーズン1動画とあらすじ&感想

スーツ シーズン1の見どころとあらすじ

敏腕弁護士と天才青年のイケメン・タッグが話題のスタイリッシュ・リーガルドラマ!

[見どころ]
自信家のやり手弁護士ハーヴィーと、彼の助手になったピュアな青年マイクのダブル・イケメンが繰り広げる、スピーディなセリフと難解な訴訟を鮮やかに勝ち取る姿が最高!
[あらすじ]
ニューヨーク、マンハッタン。ある日、大手法律事務所ピアソン・ハードマンの面接会場に、司法試験に落ちた過去を持つ青年マイクが迷い込む。彼の驚異的な記憶力に惹かれた弁護士ハーヴィーは、資格がないことを承知で、マイクを自分の助手として雇うことに。
出典:U-NEXT

スーツ シーズン1のキャスト(登場人物・・・役者名)

ハーヴィー・スペクター・・・ガブリエル・マクト
マイク・ロス・・・パトリック・J・アダムス
ルイス・リット・・・リック・ホフマン
レイチェル・ゼイン・・・メーガン・マークル
ドナ・ポールセン・・・サラ・ラファティ
ジェシカ・ピアソン・・・ジーナ・トーレス

スーツ シーズン1を見た人の感想

ネタバレなしの感想

第一話からマイクの洞察力と記憶力にこれからのドラマの展開がとても面白くなりそうだと興奮しました。
案の定、ハービィとマイクのテンポの良い掛け合い、ドナからいじられるマイク、ハービィを怒るドナ、マイクとレイチェルの関係などどんどん引き込まれていきました。
マイクも受け持っていた危ない仕事や友達から離れつつ、徐々にアソシエイトとしてハービィに怒られながらも要望に応えようと奮闘する姿が可愛らしかったです。
自分も新人の時に感じた葛藤や残業時の気持ち、上司への苛立ちなど会社に勤める人なら誰もが感じる感情をリアルに再現していました。(20代女性)
普段そこまで自分の生活とはかかわりのない弁護士という職業のドラマなのでとても新鮮に感じて、また躍動感のあるドラマだと感じた。とくに主人公の人の頭のキレが尋常ではなかったので魅力を感じたのと、脇役にでてくるミーガンさんもとてもうつくしく、目の保養になるとおもう。また毎回毎回オフィスファッションも素敵!弁護士というのはどういう仕事を毎日しているのか、またあの手この手をつかい相手をつぶしにかかるところもとても面白く、一回みてしまうと次のシーズンもみないと気が済まなくなるくらい中毒性の高いドラマです。(20代女性)
海外ドラマとしては異色なテーマで面白いと感じました。やはり弁護士とフリーターが組むという設定で心を掴まれました。良かった点はキャストのスタイリッシュな演技と優れたルックスです。
特にフリーターのマイクはゆとり世代を上手く演じていて面白いと感じました。しかし肝心な判断力や記憶力は弁護士ハービィーの前でもはっきりしています。個人的には圧倒的な記憶力でハービィーを驚かせるマイクに好感が持てました。
そういうシーンがドラマの中には多かったので、スタイリッシュな映像や展開の中にもユーモアを感じました。(20代男性)

一部ネタバレ注意の感想

マイクとハーヴィーの小気味良いスリリングな出逢いからハマりました。天才的な記憶力を持つマイクが弁護士としては無敵だと思うのに、資格を持っていない弁護士などという絶体絶命の秘密に毎回ハラハラさせられます。良いコンビに見えるマイクとハーヴィーのお互いを信頼しきれない危うさは切ない時もあります。事務所のボスや上司の嫌がらせは痛快なくらいに意地悪く、しかし結局は二人で問題を解決していく気持ちよさ。早く続きを見たくてドキドキします。そんな二人のそれぞれの大人の恋もエロチックさがカッコいいのです。そしてストーリーだけでなく、登場人物の服装がとてもステキです。女性達がグラマラスに着こなすスーツやドレスは見ているだけでため息が出ます。1番の見所はハーヴィーのスーツ姿で、自信溢れる敏腕弁護士の着こなす渋い姿に心奪われてしまいました。(40代女性)
このドラマは他の弁護士作品と違い、裁判がストーリーのメインではない部分が新鮮で魅力的です。シーズン1では、主人公の二人、ハーヴィーとマイクが出会い、関係性を深めていくまでを描いています。このマイクには様々な秘密があるのですが、そのせいでハーヴィーとマイクは幾度も危機に陥ります。その度に協力して難を乗り越える過程が、ハラハラして面白いのです。またスピードが早くテンポの良い会話も魅力的です。二人とも映画ファンなので、時々映画のセリフを使ったやりとりが出てきます。その映画を自分が知っていると、わかるわかる!と思わず笑ってしまいます。
主人公2人以外の登場人物も個性が強く、しっかりと話を盛り上げてくれます。当人はライバルのつもりでいるけれど、どこか間抜けな弁護士仲間のルイス、ハーヴィーのメンター的存在である、事務所代表のジェシカ。マイクと恋の予感を感じさせる美人パラリーガルのレイチェル、ハーヴィーのスーパー秘書で無敵の女性、ドナ。それぞれがぶつかり合い、ドラマは深みを増していきます。
そして忘れてはいけないのが、ニューヨークのマンハッタンが舞台であることです。スタイリッシュな街の雰囲気とゴージャスなオフィスは、画面を見ているだけで楽しくなります。またジェシカ、レイチェル、ドナのおしゃれなファッションも見逃せません。男性はハーヴィーのセレブ的なスーツの着こなしが、参考になるかもしれません。そういえばスーツとは、お高い弁護士が着る上質なスーツをさすと同時に、法律用語で「訴訟」の意味も含まれているのです。そして、パラリーガル役のメーガン・マークルはこの度イギリス王室、ハリー王子の妃となりました。それも頭に置いてドラマを見ると、より一層楽しめるのではないでしょうか。(40代女性)
女性社長のジェシカがとにかく格好良いです。あの大きな目を見開いて相手を笑顔で威嚇するところなど、さすが黒人女性でここまでのし上がってきた人なんだ、と思わせる迫力があります。そして、マイクの親友というか、悪友のトレヴァーがバカすぎる。絶対この男は嫉妬心から足をひっぱるはず、と思っていましたが、やはりそうなります。マイクは彼のせいで大学を中退するはめになりますし、せっかくつけた弁護士という仕事も失いかけるわけです。それなのに彼が窮地に陥ったら助けにいったりして、それではダメ男の助長ではないか!とイライラしながら見ていました。(30代女性)

 

コメント