キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4動画とあらすじ&感想

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4の見どころとあらすじ

美人女刑事と推理小説家が難事件に挑むスタイリッシュ・ミステリー第4シーズン

[見どころ]
ロイ警部の後任としてヴィクトリア・ゲイツ警部が登場し、お調子者のキャッスルを排除しようとする。演じるのは「24」のペニー・ジョンソン・ジェラルド。
[あらすじ]
ロイの葬儀中、ベケットが何者かに狙撃された。目の前で倒れるベケットに思わず愛を叫ぶキャッスル。狙撃犯は見つからないまま、ベケットは九死に一生を得るが、深刻なPTSDに悩まされ、キャッスルの愛の言葉も「覚えていない」と封印してしまう…。
出典:U-NEXT

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4のキャスト(登場人物・・・役者名)

リチャード・“リック”・キャッスル・・・ネイサン・フィリオン
ケイト・ベケット・・・スタナ・カティック
マーサ・ロジャーズ・・・スーザン・サリヴァン
アレクシス・キャッスル・・・モリー・クイン
ケヴィン・ライアン・・・シーマス・デヴァー
ハヴィエル・エスポジート・・・ジョン・ウエルタス
ラニ・パリッシュ・・・タマラ・ジョーンズ
ヴィクトリア・ゲイツ・・・ペニー・ジョンソン・ジェラルド

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4を見た人の感想

ネタバレなしの感想

 

一部ネタバレ注意の感想

 

 

コメント